ハーブティーとお茶の違いは?

 

若い女性に人気のハーブティーです。 多くの種類のハーブティーがあり、そのハーブティーによって効能は様々です。 しかし、そもそもハーブティーとは一体なんなのでしょうか? 紅茶とハーブティーはどこか違うのでしょうか。 調べてみると紅茶とハーブティーの違いは、茶葉に使われている「茶木の葉」でした。 紅茶はこの「茶木の葉」を発酵させて、茶葉として使用します。 そのため、成分にカフェを含有します。

しかし、ハーブティーは「茶木の葉」を使用しないため、カフェインを含有しません。 カフェインが含まれていないところが、若い女性に人気の理由のひとつです。 ハーブティーと紅茶の大きな違いはここにあるようです。 稀に、木苺のフレーバーティやカモミールのフレーバーティなどがありますが、ベースに紅茶の茶葉が使われている場合は、ハーブティーには分類されません。

よって、紅茶店などで紅茶として販売されているようです。 ハーブティーを購入する場合は、成分表を確認するとよいでしょう。 現在、販売されているハーブティーの数は数え切れないほどです。 このサイトでは、ハーブティーについて詳しくご紹介します。 ハーブティーによっては、整腸作用や精神安定、美肌作用、脂肪分解作用などダイエットにも効果があるものもあります。 ハーブティーの効能についても解説すると同時に、ハーブティーを嗜むにとって重要な「淹れ方」についてもお話します。 このサイトを通して、ハーブティーに興味や関心、理解を深めていただけると幸いです。